1116

在庫切れ

GHRP6/リリース・プロ

6ml/9㎎ 点鼻剤

Made in India

¥5,600

成長ホルモンの分泌を促進し、食欲を増進させる.

種類

サプリメント

関税と消費税

サプリメントを個人輸入される際、1度のご注文に制限個数はありませんが、製品合計金額が日本円に換算して16000円を超える場合は(日本税関の換算レート)、税関の判断により、関税および消費税が別途で発生します。


成分

GHRP6
 

服用量・服用方法

両鼻孔へ1日に1~2度スプレー(1回につき150mcg)するのが一般的ですが、成長ホルモンレベルが最も高い早朝に使用した後に、レム睡眠中の成長ホルモンレベルを上げる目的で就寝時に再び使用するといいでしょう。
長期に渡って使用する場合は、IGF-1レベルを若々しく保つため、血液測定を受けることが推薦されています。


GHRP6(成長ホルモン分泌促進ペプチド6)

成長ホルモンの分泌を促進し、食欲を増進させるグレリンの派生物でありながら、GHRP2と同様に空腹感を生じさせないGHRP6の成長ホルモン欠乏症の治療における効果は、グレリンと比較して劣るものではありません。
下垂体に働きかけて成長ホルモン(GH)分泌を促すGHRP6は、分泌促進物質と見なされています。
GHが脂肪と筋肉の比率を改善することは周知の事実ですが、IGF-1には脂肪を細胞内へ侵入させずに燃焼させる作用があると考えられます。
成長ホルモン治療には、注射投与であること、費用がかさむこと、温度に左右されやすく取り扱いが難しいといった問題点があるだけでなく、国によっては規制の対象とされています。
さらに、注射による成長ホルモンの急速投与がバイオアイデンティカルでないことが、リチャード・ウォーカー博士の研究によって示されている一方で、GHRPは成長ホルモンを自然に増幅する傾向があるため、より安全にGHレベルを改善ができると考えられます。
GHRP6を鼻孔にスプレー後15~30分以内にエネルギー代謝、食欲、栄養素の同化率が高められることから、成長ホルモン欠乏症だけでなく、拒食症などの摂食障害や悪液質(癌などの慢性疾患患者に見られる体重や筋肉量の減少や衰弱)の治療にも用いることができます。
GHRP6によって体重が増加するとはいえ、脂肪ではなく筋肉が増えることから、体形が改善され、身体の調子がよくなります。また、GHRP6が他の GHRPよりもIGT-1レベルを増加するという証拠があることから、筋肉、骨格、関節の強度を有効に高めることが可能です。

副作用

副作用や過剰投与については成長ホルモンと同じです

よくある質問

ここで提供される情報は公表されている臨床結果に基づく一般的なもので、ご自身の担当医だけがあなたの正確なニーズを決定できることにご注意ください。
GHRP2とGHRP6の違いは何ですか?どのように使い分ければいいですか?
いずれもグレリン派生物ですが、GHRP2の方が使用による空腹感が少ないため、痩せたい人に適し、GHRP6は筋肉量を増やしたい(体重を増やしたい)人に適していると言えるでしょう。
各ボトルに含まれている容量と使用回数を教えてください。
各ボトルの容量は25mgで、50回分のスプレーに相当します。スプレー1回分(10IU)にはGHRP6が0.5mg含まれています。


上記記載の内容は、製品に添付されている説明書を日本語訳したものであり、医師、専門家の指導に成り代わるものではありません。 製品のご使用は、必ず担当医の指導のもとでおこなってください。

27 同じカテゴリのその他の商品: