1118

26 在庫

ハイ・プロ3/ヒデルギン

60x2.25mg カプセル

Made in EU

¥5,600

先日のニュースで取り上げられたスマートドラッグ、及びその他成分の輸入規制により、当該製品の個人輸入には、医師の処方箋、もしくは指示書が必要となる見込みです。

http://www.asahi.com/articles/ASKCG66DZKCGULBJ016.html (朝日新聞DIGITAL)

種類

医薬品

関税と消費税

2ヶ月分の使用量として、1回の個人輸入で認められているハイ・プロの個数は2個までです。

医薬品には関税はかかりませんが、製品合計金額を日本円に換算して16000円を超える場合は(日本税関の換算レート)、税関の判断により、別途で消費税が発生します。


ベジタリアンOK

成分

一般名;ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩/ジヒドロエルゴコルニンメシル酸塩、ジヒドロエルゴクリスチンメシル酸塩、ジヒドロ-α-エルゴクリプチンメシル酸塩、ジヒドロ-β-エルゴクリプチンメシル酸塩の混合物、ヒドロ-α-エルゴクリプチンメシル酸塩とジヒドロ-β-エルゴクリプチンメシル酸塩の相対含有比は2対1。

その他の成分

炭酸水素ナトリウム、結晶セルロース、ベジタリアンカプセル


服用量・服用方法

通常、1日に2.25~9mg 。服用量は常に少量から始めて徐々に増やしていくこと。


服用対象

アルツハイマー病や認知症の治療、脳卒中などの後遺症治療、血流改善、記憶力向上、精神強化、脳や心臓をフリーラジカルによる損害から保護。


効能

脳への酸素および血液供給を促進し(微小循環改善)、新陳代謝を活発にすることで、脳内ニュートロンの接続回数と能力を向上させ、精神能力を高める。神経細胞結晶の成長を刺激 、α受容体遮断作用、中枢性の血管拡張作用、受容体刺激作用(ドーパミン、セロトニン)。


ヒデルギンで精神退化をストップ

ヒデルギンは、脳への酸素供給を促すことで、知力の低下が原因の兆候を緩和します。

ライ麦から抽出されるメシル酸エルゴロイドであるヒデルギンは、世界で最も有効、かつ人気の高いスマートドラッグの1つで、以下のすべての効果が知られています。

  • 脳への血液および酸素供給を促進
  • 脳細胞の新陳代謝を高める
  • 加齢色素リポフスチンの脳内蓄積を遅らせる
  • フリーラジカルによる脳細胞の損傷を予防
  • 知力、記憶力、学習能力、回想を強化

酸素と脳

酸 素過多、あるいは過少のために均衡が破られると、加齢の原因となるフリーラジカルが生産されてしまいます。酸素がフリーラジカルを発生させる主な方法に、 過酸化と呼ばれる過程である、不飽和脂肪との反応がありますが、脳が最も過酸化に影響されやすいのは、脳細胞には、身体のどの部分よりも多く不飽和脂肪が 含まれているからです。

心臓発作や卒中、あるいは喫煙や汚染による影響を通して、過酸化、および大量で強力なフリーラジカルが構成されてい る現状から、心臓発作や卒中に関わる非常時、もしくは事故の際に、多くの国でヒデルギンが使われています。 病院では、続けて起こり得る発作に備えて、時間稼ぎのために、手術前の患者にヒデルギンが与えられます。これは、ヒデルギンに脳の酸素レベルを安定させる 働きがあるからです。

この効果は、猫を2つのグループに分けて麻酔後の脳を電子的にモニターした研究で確認されています。科学者が脳の輸血 用血液(酸素供給)を抑えたところ、ヒデルギンを使わない 対照群では5分以内に脳傷害が見られ、15分以内に死亡しましたが、ヒデルギンが与えられたグループでは、最長45分間、強い脳波パターンが確認されまし た。 この実験によって、酸素レベルが低下することで、フリーラジカルによる途方もない損害がもたらされることと、ヒデルギンが酸素混乱時のフリーラジカルから の損害を抑えてくれるという、二つのことが立証されました。

若返りの特性

また、ヒデルギンが樹枝状結晶神経線維の成長を促進するという証拠もあります。通常、樹枝状結晶は老化とともに退行しますが、一部の科学者は、樹枝状結晶の数と密度を、知性と関連付けて考えています。

イ タリア人科学者グループが、長期にわたるヒデルギン治療が、シナプス結合の損失を遅らせるのか、あるいは防ぐのかを調べるため、シナプスのミトコンドリア (呼吸とエネルギー生産のための酵素を含む)に関するウルトラ細胞の特性を研究したところ、ミトコンドリア数は生後約12ヶ月のネズミ(人間で言えば25 歳)で最大、その後、次第に減少していくことが分かりました。ただし、ミトコンドリアのサイズは、12カ月以降、次第に増加します。つまり、若いネズミの 場合は、小さく数の多いミトコンドリアによって、シナプス部位に必要なエネルギーが非常に効率的に提供されるのに対し、年をとったネズミのミトコンドリア は、より大きく少なくなるため、エネルギーの生産は非効率的になります。しかしながら、ヒデルギンによる治療後、年老いたネズミのミトコンドリアの総容積 は、若いネズミとほとんど等しいだけでなく、大きさも若々しい状態に作り変えられました。


副作用

用量が高い場合でも、少量から始めて徐々に増やしていけば、副作用はあまり見られませんが、可能性のあるものとしては、吐き気や頭痛などが挙げられます。


併用不可薬品

大 量に服用する場合、ブロモクリプチン(下垂体腫瘍によるプラクチン血症の治療用)などの、エルゴロイド誘導体との併用は不可。血圧降下薬との併用で、急 激な血圧低下を引き起こし、ショック症状を呈することもある。ピラセタム、ルシドリルなど、他のヌートロピック医薬品と併用する場合、相乗効果に注意し て、それぞれの服用量を減らす。


服用に適さない人

重度の心臓血管疾患患者、バッカクアルカロイドに対し過敏症状の見られる人


上記記載の内容は、製品に添付されている説明書を日本語訳したものであり、医師、専門家の指導に成り代わるものではありません。 製品のご使用は、必ず担当医の指導のもとでおこなってください。

Customers who bought this product also bought:

27 同じカテゴリのその他の商品: