360

50 在庫

GH3プロ/ジェネリック

60x100mg タブレット

Made in India

¥1,400

使用期限2020年1月末迄

こちらの製品は、シンガポールデポより発送致します。香港デポ発送製品とご一緒にご注文頂いた場合は、別々に発送致しますので、予めご了承下さい。
尚、発送デポが別々のご注文品でも送料は一律です。

【重要なお知らせ】厚生労働省は2018年11月26日に、脳機能の向上等を標ぼうする医薬品、サプリメント等の調査の結果、一部商品の個人輸入を、2019年1月1日より、新たに規制すると発表しました。GH3プロは、今後、薬監証明なしでの個人輸入は不可となります。

ご注文受付最終日 2018年12月16日

銀行振込着金日 2018年12月17日(日本時間の17日午前中にお振込み下さい)

上記以降のご注文、お振込みに関しては、キャンセル及び返金とさせて頂きます。

種類

医薬品

関税と消費税

2ヶ月分の使用量として、1回の個人輸入で認められているGH3タブレットの個数は4個、GH3プロ(ジェネリック)の個数は2個までです。GH3タブレット、GH3プロを組み合わせての御注文の場合、GH3タブレットの個数は2個、GH3プロ(ジェネリック)の個数は1となります。

医薬品には関税はかかりませんが、製品合計金額が日本円に換算して16000円を超える場合は(日本税関の換算レート)、税関の判断により、消費税が発生します。


成分

プロカイン塩酸塩、安息香酸、メタビサルフェート カリウム、リン酸ナトリウム


服用量

1日につき1~2錠を空腹時に服用。刺激が強すぎる場合は服用量を減らすとともに、午後の服用を避け、1ヶ月につき5日の服用停止期間を設けること。


若さを取り戻す

もともとは鎮痛剤として使われていたゲロバイタルH3ですが、集中力の改善、コルチゾールの抑制、関節硬直の改善、髪の再生といった老化防止薬としての特性や、強力な抗うつ剤としての効果が明らかになりました。

ゲロバイタルH3に含まれる成分には、腺、毛髪、皮膚、腸、関節、タンパク質代謝、血球形成といったさまざまな機能を若返らせ、記憶力の低下、無気力、関節炎、視力の低下、コルチゾールの上昇、心臓病といった年齢に関連する多くの問題を支援する働きがあります。

老化防止の鍵となる成分であるプロカイン塩酸塩は、血流でパラアミノ安息香酸(PABA)とジエチルアミノエタノール(DEAE)に分解されます。これらはストレス反応や記憶に深く関わっていますが、年齢とともに減少してしまいます。また、DEAEは穏やかな幸福感を生み出すこともわかっています。

ストレスに敏感に反応することからストレスホルモンとも呼ばれるコルチゾールは年齢とともに増加しますが、コルチゾールが内分泌系をコントロールする視床下部を攻撃して損害を与えることで老化が早まると考えられています。

また、神経伝達物質を破壊し、うつ病や偏頭痛といった多くの神経性疾患の原因となる脳酵素であるMAOも年齢とともに増加しますが、ゲロバイタルH3はコルチゾールやMAOを抑制することで、老化防止薬や抗うつ剤として効果的に作用します。

 

ゲロバイタルH3の有効性

ゲロバイタルH3が精神運動活動を改善し、高齢者の筋力を強化し、服用によって記憶力、敏捷性、集中力、目と手の協応が改善されるなど、老化防止薬として多くの陽性効果を持つことが、臨床研究によって証明されています。

その他にも、うつ病や不安感の改善、生きる喜びを感じる、毛髪、皮膚、爪の状態がよくなる、関節の可動性が増すなど、身体能力や知能が増すこと、老人性色素斑などの老化現象も縮小されることが確認されています。

ゲロバイタルH3の開発者であるアナアスラン教授による、ネズミに注射投与した実験では、偽薬を与えられた群と比較して寿命が18~21%延び、毛並み、病気に対する抵抗力、記憶力なども改善されました。

さらに、ウィリアム・ツァンが60歳以上のうつ病患者を対象に行った臨床試験では、ゲロバイタルH3を服用することで、気分、社交性、疲労、動揺、不安などが大きく改善されることが確認されました。

 

服用対象者

年齢に関するあらゆる症状を逆転させることから、40歳以上の人にゲロバイタルH3の服用が推奨されていますが、その他にも抗うつ剤として、あるいは慢性退行性病変の予防にも効果があるとされています。

 

副作用

これまでのところゲロバイタルH3に関する副作用は報告されていませんが、プロカインに敏感な人は、アレルギー反応、悪寒、頭痛、徐脈、頻脈などが見られることがあるでしょう。

 

注意

ゲロバイタルH3をスルホンアミド、エゼリン、プロスチグミンと併用しないこと。

ゲロバイタルH3はドーパミンやノルアドレナリンの活動を増強させるLドーパ、アドラフィニル、ヒデルギン、DLPA、フェニルアラニン、チロシンといった神経系エナジャイザーの効果を増幅させる恐れがあるため、これらを併用する場合は定期的にゲロバイタルH3の服用を停止すること。

日本では注射アンプル剤の個人輸入が認められていないため、医療従事者以外の方が購入される場合は、医師の同意書が必要です。

 

よくある質問

ここで提供される情報は公表されている臨床結果に基づく一般的なもので、ご自身の担当医だけがあなたの正確なニーズを決定できることにご注意ください。

 

現在、1日に50 mgのゾロフトと、就寝時に25 mgのノルトリプチンを服用していますが、ゲロバイタルH3と併用しても大丈夫ですか?

1日に100mgという通常量を服用している限り、ゲロバイタルH3が抗うつ剤に干渉することは滅多にありませんが、これは副作用が絶対にないという意味ではありません。吐き気や頭痛などの副作用が見られた場合はすぐに服用を止める必要がありますが、多くの人は問題なくゲロバイタルH3と一般的な抗うつ剤を併用しています。

 

ゲロバイタルH3はルーマニアから輸入しているのですか?

アナアスラン教授オリジナルのゲロバイタルH3はルーマニアで製造されたものですが、ゲロバイタルH3のジェネリック製品であるGH3プロは別の国で作られています。


上記記載の内容は、製品に添付されている説明書を日本語訳したものであり、医師、専門家の指導に成り代わるものではありません。 製品のご使用は、必ず担当医の指導のもとでおこなってください。

Customers who bought this product also bought:

26 同じカテゴリのその他の商品: