ウェブサイトが新しくなりました。以前のパスワードはご利用頂けません。新規登録からお進み頂けますようお願い致します。

御注文番号
1110

GHRP2 舌下剤

成長ホルモン放出ペプチド

¥16,800

残りあと 30 点

カテゴリー:
内容量
60粒 舌下剤
製造国
Made in USA
使用期限
使用期限2022年9月末迄

説明

内容量

60粒 舌下剤

種類

サプリメント

USAでは医薬品と栄養補助食品の間に位置するメディカルフード扱い

成分

GHRP2(D-Ala-D-Beta-Na-Ala-Trp-D-Phe_Lys-NH2)

コレカルシフェロール(ビタミンD)、スクロース、クエン酸、ステビア葉エキス、パルミチン酸アスコルビル、I-ロイシン

用法と用量

1日2粒: 医師の指導に従い、2粒同時に摂取、もしくは朝1粒夜1粒に分けて摂取。<

舌下でよく溶かせた後に飲みこむ事。

説明

サルコペニアとの闘いで成長ホルモンを放出させる経口ペプチド

脳下垂体における成長ホルモン(GH)放出を促すグレリンは、空腹痛を引き起こすことからハンガーホルモン(飢餓ホルモン)とも呼ばれていますが、現在では食欲増進などの深刻な副作用がない、GHRP2(growth hormone releasing peptide)と呼ばれるグレリン類似体の利用が可能となっています。

Growth Hormone Releasing Peptideは、注射薬と比べて多くの点で有利であることから、リチャード・ウォーカー医学博士らによって支持されてきました。

<GHRPが優れている点>

  • 天然GH生産を下方制御するというネガティブフィードバックループ(負帰還)がないため安全に使用できる。
  • 冷蔵する必要がなく室温で保管できる。
  • 皮下注射に限って有効なGHとは異なり経口服用できる。
  • 大量のGHを急速に血管内に注入するGH注射は天然ホルモン補充療法とは言えないが、GHRPの使用は天然GH生産を時間をかけて拡大する、つまりGH要因を強要するのではなく強化するものである。

相乗作用

ウォーカー博士がGHの血中放出が強化される就寝時にセルモレリンを使用し、GH生産が増加する起床時にGHRP2を使用することで効果が5倍も高まることを公式に発表していることから、これらの舌下剤と経口薬の間には相乗作用があると考えられます。

副作用

研究では被験者に軟便や吐き気といった副作用が見られたり、血小板の数が増えた例もありましたが、臨床的に見て正常値を超えるものではありませんでした。

GHRP2は毒性やLD50値(50%致死量)が低く、臨床用量を守って正常に使用する限り何の問題もありません。

若々しいレベルを確実に保つために、インスリン様成長因子の測定を通したGHの血中濃度をモニタリングするのが賢明でしょう。

よくある質問

ここで提供される情報は公表されている臨床結果に基づく一般的なもので、ご自身の担当医だけがあなたの正確なニーズを決定できることにご注意ください。

GHRP2とGHRP6の違いは何ですか?どのように使い分ければいいですか?

いずれもグレリン派生物ですが、GHRP2の方が使用による空腹感が少ないため、痩せたい人に適し、GHRP6は筋肉量を増やしたい(体重を増やしたい)人に適していると言えるでしょう。


上記記載の内容は、製品に添付されている説明書を日本語訳したものであり、医師、専門家の指導に成り代わるものではありません。 製品のご使用は、必ず担当医の指導のもとでおこなってください。

関税と消費税

製品合計金額を日本円に換算して16000円を超える場合は(日本税関の換算レート)、税関の判断により、関税と消費税が発生します。

レビュー

レビューはまだありません。

“GHRP2 舌下剤” のレビューを投稿してください。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連製品