髪の成長を早めて薄毛を改善するミノキシジル

もともと血管拡張剤として開発されたミノキシジルに、細胞増殖を誘発し、毛胞の血管形成を改善し、毛胞サイズを大きくし、毛周期の成長期を早めるという、非アンドロゲン・ベースのメカニズムによって、髪の成長を促すことが、多くの研究によって証明されています。 Read more...

発毛を促すガイド分子の特定

細胞の再生能力が年齢とともに失われてしまうことから、薄毛に悩む高齢者は少なくありませんが、成体マウスの細胞を改善して再び発毛させるガイド分子が、南カリフォルニア大学の研究によって発見されました。 Read more...

ホルモン分泌の乱れを修正して不眠症を改善する

不眠症を治すには、従来のような徴候に対処するだけの治療や、レム睡眠を誘発しない自然療法などではなく、その根本原因に取り組む必要があります。 Read more...

メラトニンはなぜ寿命を延ばすのか?

メラトニンは加齢性疾患を防ぎ、老化を遅らせ、ホルモンを調節する視床下部の変質を予防・延期させることで、自然と寿命を伸ばします。 Read more...

体内時計を調節するメラトニンと癌の予防

栄養、睡眠、適度な運動、健康的な環境などの要素に夜間のメラトニン投与を組み合わせることで腫瘍を予防できる。 Read more...

バイオアイデンティカル・ホルモン補充療法

BHRTにとって重要なのは、適切に混合されたヒトバイオアイデンティカル・ホルモン、適切なホルモン量、安全かつ自然な経路によるホルモン投与、天然ホルモン分泌の模倣、ホルモンレベルと代謝のモニタリングということになります。 Read more...

年齢とともに衰える認知機能の強化

年齢に伴う変化を逆転あるいは正常化する傾向のある認識増強剤には一般的に副作用がほとんど見られず、抗生物質などのような薬剤耐性もないことから、適量を守って正しく使用する限り問題はなく、服用することで記憶力、機敏性、認識力、注意力、集中力を改善できます。 Read more...

薄毛の原因

男性ホルモンの過剰分泌や生活習慣の乱れなどから生じる頭頂部や生え際の薄毛は、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれています。 Read more...

メラトニンと睡眠

年をとると、心拍数と体温を低下させて深くて落ち着いた睡眠を誘う、松果体における夜間のメラトニン生産が減少するため、睡眠障害が引き起こされますが、合成メラトニンを補給することで、睡眠の妨げとなる概日リズムの乱れを修正できることが、多くの研究によって示されています。 Read more...

肌を若返らせるトレチノイン

特に紫外線を長期にわたって浴び続けることで、肌老化がいっそう進んでしまいますが、トレチノインの局所適用によって紫外線によるダメージを逆転できることが、光老化に関する研究によって示されています。 Read more...
Showing 1 to 10 of 39 (1 Pages)