メラトニンと睡眠

メラトニンと睡眠

私たちの身体を休ませ、燃料を補給し、細胞を修理して再生する機会を与える睡眠は、私たちの健康と幸福にとって酸素と同じくらい重要なものです。一般的に成人は一晩に8~9時間の睡眠が必要とされていますが、多くの人が7時間以下しか睡眠をとれていないのが現状です。

睡眠が不足すると、肥満、糖尿病、免疫系機能不全といった、数え切れないほどの健康障害や病気のリスクが高まり、職務遂行能力、集中力、生産性などが損なわれることが、多くの研究によって示されています。

睡眠周期睡眠時間と地球の自転に合わせて一日の周期でリズムを刻む、概日リズムの相互作用に由来します。年をとると、心拍数と体温を低下させて深くて落ち着いた睡眠を誘う、松果体における夜間のメラトニン生産が減少するため、睡眠障害が引き起こされますが、合成メラトニンを補給することで、睡眠の妨げとなる概日リズムの乱れを修正できることが、多くの研究によって示されています。

メラトニンは、不眠症睡眠障害時差ぼけ季節性感情障害の治療で驚くべき成果を収めている以外にも、多くの効果があることが広範囲な臨床試験によって明らかにされています。