薄毛の原因

薄毛の原因

男性ホルモンの過剰分泌や生活習慣の乱れなどから生じる頭頂部生え際薄毛は、男性型脱毛症(AGAと呼ばれています。

薄毛と大きく関係しているのが、テストロンと呼ばれる男性ホルモンです。このテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合してジヒドロテストステロン(DHTに変換することで、抜け毛のサイクルが早まったり、発毛が阻害されたりするのです。

ストレス薄毛の大きな原因です。ストレスによって自律神経が乱れることで血行が悪くなり、発毛に必要な血液栄養頭皮に行き渡らなくなってしまうと、薄毛が誘発されてしまいます。ストレスのない生活を送るのは難しいでしょうから、溜まってしまったストレスを早めに解消することが重要でしょう。

また、食生活の乱れも見過ごせません。加工食品や外食など、脂質が多く栄養の偏った食事ばかりしていると、血液がドロドロになり、髪の毛に栄養が運ばれにくくなるうえ、毛穴皮脂で塞がれることで、髪の毛が痩せてしまいます。

また、睡眠薄毛と大きく関係しています。成長ホルモンの分泌が活発な夜10時から深夜2時の時間帯に起きていると、薄毛が誘発されかねないため、髪の成長には、決まった時間に就寝して十分な睡眠時間を確保する、規則正しい生活習慣も大切です。