年齢とともに衰える認知機能の強化

年齢とともに衰える認知機能の強化

老化防止医療の第一人者であるワード・ディーン博士は、認識増強剤への理解を深めてもらうために自身の患者に向けて書いた著書を通して、多くの人が認知機能記憶に関心を持っていることに気づきました。

老人性認知症を患っていなくとも、年齢に伴うリポフスチンの蓄積やミトコンドリア効率の低下からくる記憶の衰えを感じる人は少なくありません。いくら長生きしても、日常生活に支障をきたすような問題があっては意味がなく、心身の健康を保つことが重要でしょう。

もともと老人性認知症の治療薬として開発された製品を健常者に使うべきではないという考えもありますが、ディーン博士は、年齢に伴う変化を逆転あるいは正常化する傾向のある認識増強剤には一般的に副作用がほとんど見られず、抗生物質などのような薬剤耐性もないことから、適量を守って正しく使用する限り問題はなく、服用することで記憶力機敏性認識力注意力集中力を改善できると言い、実際に本人自らアドラフィニルヒデルギンビンポセチンピラセタムセントロフェノキシンなどの定期服用を実践しています。