バイオアイデンティカル・ホルモン補充療法

バイオアイデンティカル・ホルモン補充療法

閉経前後に不足するエストロゲンを補充して更年期障害を安全かつ効果的に治療するには、バイオアイデンティカル・ホルモン補充療法BHRT)が必要です。

ホットフラッシュなど、ホルモン不足による徴候の抑制を優先させる従来のホルモン補充療法(HRT)と違って、BHRTの真の目的は、閉経前のホルモン環境をできるだけ自然に回復させることで、幸福感と健康状態を改善することにあります。つまり、ホルモン不足から生じる更年期障害は、薬で無理に人工的に抑えなくても、バイオアイデンティカル・ホルモンを補充することで改善できるのです。

補充するホルモンの量は、少なすぎると効果がなく、過剰な量は危険を伴うことから、BHRTの効果を最大にするには、正しい知識のある医者の指導下で、ホルモン代謝に異常がないかどうかモニタリングを受けながら、身体が実際に必要とする量をタイミングよく服用する必要があります。

つまり、BHRTにとって重要なのは、適切に混合されたヒトバイオアイデンティカル・ホルモン、適切なホルモン量、安全かつ自然な経路によるホルモン投与、天然ホルモン分泌の模倣、ホルモンレベルと代謝のモニタリングということになります。