体内時計を調節するメラトニンと癌の予防

体内時計を調節するメラトニンと癌の予防

あらゆる生体機能に関係している太陽系、24時間周期、月、季節などの影響を受けるによるホルモン同期性を管理して、全ての神経内分泌系機能を再同期させることで、免疫機能ホルモンリズムを大幅に変えられるという事実にもかかわらず、腫瘍の発見に神経内分泌検査が用いることは一般的ではありません。

一世紀前のような生活ができない現代社会では、若齢期であってもホルモン分泌のバランスが崩れることがあります。こういったホルモンバランスの崩れは腫瘍発生リスクを高めてしまいますが、定期的な検査の結果を踏まえて概日リズムを管理することで、ホルモン不足免疫の衰えから誘発される腫瘍を予防することが可能です。

全てのホルモン合成・放出の生体リズムを外因的介入によって段階的あるいは急速に回復させることは、老若男女問わず腫瘍予防の基礎であると言えます。

栄養、睡眠、適度な運動、健康的な環境などの要素に、夜間のメラトニン投与を組み合わせることが腫瘍予防につながることに疑いの余地はなく、概日リズムとの関係を通して体内の生物学的再同期性を促進・回復させる松果体の機能は、もっと重視されるべきでしょう。