デュタステリド

体内のテストステロンをDHTに変換させる5α還元酵素酵素の作用を抑制することで、良性前立腺肥大症の症状を改善させるために開発されたデュタステリドは、男性型脱毛症の治療薬としても認定されており、抜け毛を防ぐ効果はフィナステリドを上回ることが確認されています。 Read more...

アドラ・プロ(アドラフィニル)

昼間に過剰な眠気を生じる睡眠発作であるナルコレプシの治療薬として、多くの欧州諸国で承認されて いるアドラフィニルですが、服用によって認識機能、集中力、記憶力が改善され、エネルギーが増加し、疲労が回復されることが明らかにされています。 Read more...

メラ・プロ(メラトニン)

老齢性睡眠障害、時差やシフト勤務から生じる睡眠障害、季節的情動障害(SAD)の治療に使われているメラトニは、の抗酸化作用が非常に高いことも知られています。 Read more...

アルド・スプレー(アルドステロン)

聴力損失の原因と成り得るカリウムとナトリウムの不均衡を回復させるアルドステロンを補給することで、特に今まで補聴器をつける以外に治療法のなかった老齢性難聴だけでなく、AIED(自己免疫性内耳病)やメニエール病が原因の失聴や、平衡障害にも効果が期待できます。 Read more...

シルデナフィル・プロ(バイアグラのジェネリック製品)

一般的に加齢とともに増えるとされる勃起不全(ED)ですが、20代から40代でもEDに悩む人が増えてきています。EDは年齢に関係なく、男性なら誰にでも起こり得る身近な病気です。 Read more...

T1ジェル(テストステロン1%)

テストロンレベルが低下することで、意欲、集中力、筋力の低下、睡眠障害、性的欲求の喪失、勃起障害、頻尿、慢性疲労など、さまざまな問題が誘発されてしまいますが、T1ジェルを使用してテストステロンレベルを修正することで、こういったいわゆる男性更年期障害を回避することができます。 Read more...

白髪や脱毛の原因となる皮膚細胞

マウスを使った実験によって、毛包の前駆細胞からSCF遺伝子を削除した場合は毛が白くなり、KROX20生成細胞を削除した場合は毛が成長せずに抜けてしまうことが示されています。 Read more...

ドキシサイクリン

体内のバクテリアを固定化して成長を遅らせるテトラサイクリン抗生物質であり、半減期が長く確実に吸収され、低用量で効果を発揮するドキシサイクリンは、さまざまな細菌性感染症の治療に最も多く使われています。 Read more...

ドキシサイクリンがパーキンソン病治療にもたらす希望

ドキシサイクリン、パーキンソン病、α-シヌクレインの凝集、 Read more...

健康と長寿に欠かせないメラトニン

「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、自然な眠りを誘発するメラトニンには、免疫システムの刺激、心血管 の保護、概日リズムの調整、成長ホルモン分泌の促進といった多くの特性がありますが、中でもフリーラジカルによる損害を制限する強力な抗酸化作用は、私たちが健康に長生きするために欠かせないものです。 Read more...
Showing 20 to 30 of 39 (3 Pages)